キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬の仕事の流れ : 最新製薬業界転職リサーチ

最新製薬業界転職リサーチ

MENU
製薬系の仕事への転職
MENU
製薬の転職「研究職」
MENU
製薬の転職「治験コーディネーター」
MENU
製薬の仕事の流れ
MENU
製薬系転職「未経験」
MENU
製薬系転職「経験あり、資格者」

製薬の仕事の流れ

最新製薬業界転職リサーチのメイン画像

製薬業者の仕事はどのような仕事内容になるのか、転職の前にその流れを知っておくべきです。

製薬の仕事の流れ

新薬などを研究し、開発から販売できるようにするためには、長い時間がかかります。

こうした新薬の研究や開発を行うのが、製薬系企業内の仕事です。

最近は看護師などの専門職系の資格取得者がこうした製薬系企業への就職、転職を考える方が多くなっていると聞きます。

こうした製薬系への転職等を考えるに当たり、仕事内容の流れについて理解しておきましょう。

先ず、研究・開発が行われます。

化合物などを研究し組み合わせ、どのような配合にすればいいのかを研究、さらに開発を進めていきます。

最終的に動物実験で副作用等が見られないものが誕生したら、治験を行います。

治験は健康な人やある疾患を持っている方を対象に行うお薬のテストで、この治験を行わない限り、新薬誕生はありません。

治験において有効なデータが取れた場合、このデータを厚生労働省へ承認申請します。

ここまでの段階で、製薬系の仕事と指定は、治験モニター、MRにおけるデータマネジメント、品質管理「QC」、薬事申請などが行われています。

そこから申請が許可されることで販売となりますが、発売後、その効果が確かなものなのか、安全性はどうか、副作用等がでていないか、使用方法は間違っていないのかなどの確認作業を行います。

この作業では、DMのデータマネジメント、学術情報、さらに安全性の情報の収集等が必要です。

研究開発から治験、そして薬事申請、販売、市販後業務というのが、製薬系の業務の流れ、という事になります。

最新製薬業界転職リサーチ Copyright (C) www.piedmontdishsatellitetv.com.