キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬の転職「研究職」 : 最新製薬業界転職リサーチ

最新製薬業界転職リサーチ

MENU
製薬系の仕事への転職
MENU
製薬の転職「研究職」
MENU
製薬の転職「治験コーディネーター」
MENU
製薬の仕事の流れ
MENU
製薬系転職「未経験」
MENU
製薬系転職「経験あり、資格者」

製薬の転職「研究職」

最新製薬業界転職リサーチのメイン画像

製薬の転職の中で研究職というとどのような仕事になるでしょうか。

製薬の転職「研究職」

製薬系の企業、研究施設への転職を考慮される場合に、研究職につきたいという方も非常に多いと思います。

新薬を作るための研究を行うのがこうした施設の毎になりますが、新薬の研究のほかに、品質確保や有効性の確保、安全性の確保など、新薬が世に出る前に必要な事を行うのも研究職として必要なことです。

薬剤師や看護師などの専門職の方が就職されることも多いのですが、大学で理数の勉強をしてきた方がそのままこうした製薬の研究職への就職をされるという事もあります。

また一旦、病院などに勤務してその後、転職という形で、研究職を選ぶ方もいます。

新薬の研究の中でも、薬理、合成などの分野があり、薬となる可能性がある物質を選抜する、評価する等の仕事をします。

このほか、開発している化合物の有効性が本当にあるのか、そのメカニズムがどのようになっているのかなどを確認するという仕事も行っています。

合成部などでは、どのような化合物が薬になって有効的に作用するのか、それを見出す仕事や、その化合物に関して安全性が確かで、新薬の研究を行ってもふさわしいものなのかどうかという最適化の研究を行っています。

各研究機関や施設によって、研究職が何を行うのかという事にも違いがありますが、薬剤師などが製薬系の転職として考えるには最適な就職先だと思います。

薬剤師などの資格取得者の方で、こうした薬剤系の転職を考える人が多くなっていますが、研究施設などが多くなっているという時代背景もあるようです。

最新製薬業界転職リサーチ Copyright (C) www.piedmontdishsatellitetv.com.